美容皮膚科の榊原クリニック > 診療科目 > サーマクールCPT:治療の流れ

400ショットTCチップを使用しています。メスを使わない次世代のフェイスリフト

サーマクールCPT

治療の流れ

1. 洗顔
治療部位のメイクを落としていただきます。
金属類をすべて外していただきます。

2. マーキング
治療部位に照射のためのマーキングを行います。

3. サーマクールCPTを照射
痛みの範囲内でエネルギーを調整しながら行いますので、麻酔は特に必要ありません。治療効果を上げるため、強めのエネルギーを希望される方は表面麻酔を追加して行うことも可能です。

4. 冷却
数分間の冷却後、メイクをして帰宅することができます。

従来機は1回の照射にかかる時間が長いため、皮膚深部だけでなく皮膚表面の温度上昇もおおきくなり、非常に痛みが強く麻酔が必須でした。
サーマクールCPTでは照射時間のスピードアップにより、痛みを感じる手前で、照射が終えられるため麻酔が必要なくなりました。

従来機の多くは、100ショットないし200ショットを顔全体に一度照射して、終了というものでしたが、現在では、2パス、3パスといった繰り返し照射が高い効果を発揮することが明らかとなり、奨励されています。当院では全顔照射は400ショット、マルチプルパス治療(繰り返し照射法)を基本として行っております。ご希望により、部分照射(ほほのみ、アゴ周囲のみ)といった照射方法もございます。その際も繰り返し照射法により、より高い治療効果を目指します。

副作用・合併症・治療制限など

重大な副作用・合併症の報告はありません。
照射時間の長い従来機で、ハイパワー治療を行った場合、まれに皮膚炎、一時的な色素沈着などが生じる可能性があります。
照射時間の早いサーマクールCPTで、パワーを上げ過ぎなければほとんど可能性はありません。

以下の方は治療が受けられない場合があります。担当医にご相談ください

  • ペースメーカー、埋め込み式徐細動器のある方
  • 骨折手術後など、金属プレートのある方
  • 治療部位に皮膚疾患その他異常のある方
  • ボトックス、ヒアルロン酸、コラーゲン治療を直前に受けている方
  • 糸によるフェイスリフトや金の糸による治療を受けている方
  • 妊娠中の方
  • 心臓疾患、糖尿病、膠原病などの持病をお持ちの方
  • 悪性腫瘍、またはその疑いのある方
  • ケロイド体質の方