美容を専門とし皮膚科・形成外科医として長年の経験を積んできました。長年培ってきた「経験」と「熟練の技術」そして、なによりも貴方を思う「こころ」が最新鋭の機械性能を最大限活かせるのです。

お勧め診療

  • イオン導入

    師走 忙しいですね 皆さんも、いろいろと 忙しくされているのではないでしょうか?   さてイオン導入・・・ 前回までのピーリング治療と合わせて これも大学で、行っておりました。 この治療もケミカルピーリングと同様 非常に奥深く、味わい深いものがありますので 少し回想してみます。 ...

    もっと見る

  • ケミカルピーリング4

    角質層の トリートメント   皮膚の一番表面の層が ターゲットと書きました   さまざまな実験・検討・・・経過観察の結果 ピーリングによる治療効果は 角質の変化だけではないことが 明らかになっています。   皮膚は角質を作る 表皮と 毛根、皮脂腺・汗腺、神経・血管等を持ち、 ハリの主役であるコラーゲンなどの繊維質で構成される真の皮膚 真皮の 2層構造です。   真皮は表皮のように どんどん入れ替わっていく 新陳代謝は行われていません 時間経過とともに コラーゲン線維...

    もっと見る

  • ケミカルピーリング3

    韓国式垢すり なにもない皮膚を 特殊な手袋でスリスリされると 手品のように 突然わいて、出てくるもの   ケミカルピーリングがターゲットとしているのは この部分だけです。*注後述あります 当然血も出ませんし、傷もできません。 生まれたての子犬をそっとなでるように 優しく薬液を塗布しますから 角質がボロボロとわいてきたり、 剥けたりもしません。  顕微鏡でみて初めてわかる程度の レベルの角質を溶かすのです。   この古い角質の除去によって ニキビの原因となる角栓の除去 貯まった...

    もっと見る

  • ケミカルピーリング2

    ケミカル・ピーリング ケミカルでピールする治療 野菜の皮むき器のピーラーと一緒の綴りですね 化学薬品で皮を剥く治療です。   皮をむく なんだか危険な感じ 怖い、痛い、イメージですが 研究、改良、先人達の努力のすえ 今使用される薬剤は殆ど 刺激感がありません 痛みもほぼ皆無 深く薬剤が浸透して 皮膚トラブルを生じることも ほぼ皆無であります。   このケミカルピーリング治療の歴史は古く   古代エジプト かのクレオパトラも 当時していたと言われております。 ロマンですね。 も...

    もっと見る

  • ケミカルピーリング

    美容皮膚科を取り巻く環境の変化 新型マシーンの開発の早さ・・追従・・競合 そして、イマイチなマシンはすぐに過去のものとなって 忘れ去られる 儚いですね。   今回は新しいマシンではなく 表題の治療について、書いてみます。   大学での勤務医時代 当時ではまだ珍しいケミカルピーリングを大学病院で 患者さんに行っていました。   大学では医師が皮膚の変化を観察しながら ピーリング剤を塗ります。 看護婦さんは拭き取ったり、ウチワで扇いだりします。 僕もニキビやしみ・しわなど それぞ...

    もっと見る

  • わき汗2

    汗はなぜ出てくるのでしょう   暑いから 緊張、ドキドキ ひや汗 あぶら汗・・・   いろいろな種類の汁が、体内では作られていそうですが   実際には 汗は汗腺という工場で作られており その工場の種類、汗の種類は二つしかありません。 (厳密には3種類あります。)   汗水をたらす・・・ 血と汗の結晶・・・ 汗の成分はほとんどが水分です。 その他アミノ酸などの成分が わずかに含まれています。   汗は透明でピュアな液体です。 においはありません。  ...

    もっと見る

  • わき汗

    汗染み、ニオイ・・・ いろいろと 悩みの種になること多いです。 人に相談するのは、少々はばかられる事が あるのではないでしょうか   人には聞けないけど・・・ 病院に行くのも・・・ でもちょっと気になるんだよね・・・   かゆいところに 手が届くか分かりませんが、 わきの問題について 疑問に思うこと 解決につながること つながりそうなこと 少し書いてみたいと思います。 ...

    もっと見る

  • 自己多血小板血漿療法 PRP3

    PRPは国内外の大学、研究施設で研究されている 実績があります。 サイトカインという成長因子が 作成したPRPの中に 一定量、しっかり含まれていると 研究成果が報告されています。   一切、余分なものは使用せず、 自分の血液から、作成した若返り成分で 細胞を再生できる。 いわゆる天然の成分ですね。   理論的にも安全ですし、効果も見込める 非常に魅力的な治療です。   しかし・・・この治療 効果に非常に個人差があります・・・   何事においても、 どんな商品でも、 ...

    もっと見る

  • 自己多血小板血漿療法 PRP2

    血液は大きく分けて   赤血球:酸素の運び屋 白血球・リンパ:バイ菌に対する兵隊 血しょう:水分・栄養素などの運び屋 血小板:?   血小板は普段体内を循環中は大きな役割はありません。 ケガをした時にその力を発揮します。   体外あるいは血管外に血液が漏れ始めると それを阻止すべく、止血が始まります。   最初に血を止めるのは血しょう成分と血小板の作用です。 たとえば膝をすりむく 血が出る。 そのうちに、血はとまり かさぶたができる。   このかさぶたはま...

    もっと見る

  • 自己多血小板血漿療法 PRP

    数年前にヒットして最近はすこし隠れ気味の治療です。 実に魅力的な治療で、 効果が発揮された時はすごくいい治療です。   僕は非常に好きな治療なのですが、 これは自分自身、患者さん自身の血液を材料として、 治療薬を作成します。 そのため、その方の血液のコンディションにより 作用・効果に大きな個人差が出てしまいます。   ヒアルロン酸や、ボトックスのようなものは 効果に個人差は少ないです。 みなさん同じものを使用しますから。   この効果の個人差をどうにかできないか、 そんな検討...

    もっと見る