美容を専門とし皮膚科・形成外科医として長年の経験を積んできました。長年培ってきた「経験」と「熟練の技術」そして、なによりも貴方を思う「こころ」が最新鋭の機械性能を最大限活かせるのです。

わきがの治療クアドラカット

傷痕を目立ちにくく

より傷を目立たなくするための腋臭症治療です。

治療対象お悩み

わきが・多汗症

クアドラカットに関して

腋臭症とはいわゆる「わきが」です。独特の臭いのもとは、アポクリン汗腺より分泌される汗が原因です。汗そのものは無臭ですが、皮膚の常在菌に分解されると独特の臭いを生じるようになります。
全身に存在する汗腺(汗を作る皮膚内の器官)は主に2種類、エクリン汗腺とアポクリン汗腺ですが、アポクリン汗腺は毛穴から汗を分泌しますので、太い毛が生える場所、脇、陰部、肛門周囲などにしか分布していません。
腋臭症の手術は、原則保険適応ですが、保険の適応になるのは皮弁法という方法で脇のしわに沿って切開し皮下のアポクリン汗腺を除去するものです。
皮弁法ではどうしても、切開が広く大きな傷痕が残ってしまうのが欠点の一つです。

クワドラカット法では、小さなドリル付きの管を小さく開けた小窓から脇の下の皮下に挿入します。管の先端でアポクリン汗腺を切除し、そのまま吸い出します。
管の移動だけでアポクリン汗腺が除去されますので、皮弁法より広範囲の手術が可能で効率がよく、手術時間も大幅に短縮され体への負担も少なくて済みます。また切開の範囲が小さいので傷痕はより目立ちにくいです。

術後の経過について

基本的には術後は自宅消毒ですが、消毒のために数回通院していただきます。
数日は両手を使わず安静にし、数日後からは皮膚の引きつれ等の予防のためによく手を動かす運動などを行っていただきます。

ワンポイントアドバイス

腋臭症の手術は手術の方法を問わず、手術自体よりも術後ケアが大切です。
術前のカウンセリングで十分にご説明しますので、ご安心ください。