美容を専門とし皮膚科・形成外科医として長年の経験を積んできました。長年培ってきた「経験」と「熟練の技術」そして、なによりも貴方を思う「こころ」が最新鋭の機械性能を最大限活かせるのです。

機器紹介

医療機器

Qスイッチ Nd-YAGレーザー

QスイッチNd-YAGレーザーは、照射する事で皮膚の角質表層を除去し、真皮細胞の修復機能を促します。 その修復機能を利用して結果的に毛穴を引き締める効果があります。 炭酸ガスレーザよりも非常に弱い熱で真皮に働きかけるので、表皮のダメージはほとんどみられません。 日常生活の上で、徐々に毛穴を引き締めたい人にお勧めです。

Qスイッチ
Nd-YAGレーザー

Qスイッチ アレキサンドライトレーザー

 Qスイッチアレキサンドライトレーザーは、黒や茶色の色素だけに反応するレーザー治療機です。これは、メラニンだけを破壊するため、日焼けによるしみ、そばかす、茶あざ、タトゥーなどの色素沈着除去に有効です。
治療は、レーザー光線により青・茶色の異常な色素をもった細胞(シミ・ソバカス・アザ)を選択し治療する安全性の高い方法です。

Qスイッチ
アレキサンドライトレーザー

PUVA 照射器

紫外線の照射によってお肌の『免疫力』を低下させることでアトピーや尋常性乾癬(かんせん)、難治性の湿疹などの症状を緩和させる。アトピーはアレルギー症状の一種です。アレルギーは免疫過剰のために引き起こされるため、免疫力が低下させることによってアレルギー反応を下火にしようというコンセプトです。

PUVA 照射器

ロングパルス アレキサンドライトレーザー

 今までは肌が黒いなどの理由でレーザー脱毛には適さなかった方でも、このロングパルスであれば問題なし。このタイプのレーザーは東洋人の皮フにもっとも適していると、アメリカでもすでに認められています。
ロングパルス以外のレーザーは、色素に反応し毛を無色にする働きが強いため、脱毛効果が下がってしまいます。ロングパルスは照射したところの毛はレーザー光を吸収し、熱交換され毛乳頭へ放熱し、確実に破壊します。そのため皮フへのダメージも少なく、色素沈着なども起こしません。
皮膚へのダメージを最小限に抑えることで、ワキやビキニラインなどのデリケートな部分への治療が可能になったのです。
脱毛速度も従来のレーザーより約1,5倍とスピーディー。もちろん痛みの心配もほとんどありません。 
日本人の肌に適していると言われているロングパルスアレキサンドライトレーザーはレーザー脱毛用として米国食品医療局(FDA)の認可を受けた米国製のレーザーです。
すでに国内外の多くの施設で臨床的に使用されてきた実績があり、医療用として安全面にも充分な工夫がされており、表皮を守るために、冷却ガスを吹き付けながらレーザー照射を行います。

ロングパルス
アレキサンドライトレーザー