美容を専門とし皮膚科・形成外科医として長年の経験を積んできました。長年培ってきた「経験」と「熟練の技術」そして、なによりも貴方を思う「こころ」が最新鋭の機械性能を最大限活かせるのです。

一般皮膚科保険適用

皮膚全般のお悩み

アトピー

日本皮膚科学会の治療指針に沿った治療を行います。
アトピー性皮膚炎は、体質的要因・環境などにより生じます。
皮膚の状態に適した外用薬・内服薬で治療を行います。一般的に若年で発症する場合は年齢とともに軽快していきますが、成人になってから発症するものもあり、経過・症状には個人差がありますので、今の状態に適した治療を行うことが重要です。

湿疹・かぶれ

皮膚は通常天然の保湿因子や皮膚内の免疫細胞により外敵(バイ菌、アレルギー物質)の侵入を防いでいますが、バリア機能の低下などにより皮膚に炎症が生じると湿疹(皮膚炎)となります。原因は金属、植物、などに対するアレルギーで生じる接触皮膚炎の他、バイ菌が原因となる場合、虫刺され、ウィルスなど多岐にわたります。それぞれに適した外用剤、内服で治療を行います。

乾燥

天然の保湿因子の減少、皮膚炎などにより悪化します。

日常のスキンケアにおいて必要以上に皮膚をタオル等でこすらないようにする事、洗顔料・ボディーソープなどの洗剤を使いすぎない事や、肌に適したものを使用する事が重要です。肌の状態により、適した医療用保湿剤や外用薬を処方致します。

巻き爪

爪の変形により生じます。原因は合わない靴による事が最も多いですが、歩き方、水虫などの疾患、もともとの爪の形状、生活習慣など多岐にわたります。湾曲が強いと痛みも強くなります。陥入の程度により治療は手術以外にも選択肢がたくさんあるため、適した治療をご提案します。

水虫

顕微鏡検査で、水虫菌を見つけます。外用剤・内服薬などで治療します。

火傷

熱湯、油、花火など一般的なやけどの直後はとにかく流水などで冷却することが重要です。冷却により熱による細胞の損傷が最小限となり、重症化することを防げます。十分に冷却をおこないご自宅にある適当な軟膏を使用したりせず、タオルやガーゼ、氷嚢など冷やした状態でご来院いただくのがベストです。
やけどの程度により、適した外用剤・内服薬を処方します。

切り傷、擦り傷など外傷の直後のケアが重要です。浅い傷でも縫合などの処置を行ったほうが傷跡がよりきれいに目立たなくできる場合もありますので、けがをしたらできるだけ早く、当日中に受診していただくことをお勧めします。

傷跡

やけどの後、けがの後のケロイド状の傷や手術後の傷痕が目立つ場合など、再手術を行う以外にも、レーザー、イオン導入、内服、外用剤などが有効な場合が多くあります。ご希望に沿ったベストな治療をご提案します。

シラミ(頭・毛)

視診・顕微鏡検査により、虫体を見つけると診断がつきます。
外用薬、薬用シャンプーなどにより治療します。

一般皮膚科の診療をご希望の方は

榊原クリニック経堂本院へお問い合せください。